妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由/水無月三日 第1話 無料 ネタバレ 試し読み 画像

今回は、「水無月三日」先生の

「妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由」をご紹介します♪

 

突然ですが、「セクキャバ」と言うお店をご存知でしょうか?

 

セクキャバとはどういったお店なのでしょう?

 

 

セクキャバは他ににも「おっパブ」と呼ばれたりもしますが、

 

基本的にはキャバクラのようにお酒を飲みつつ、

 

客が女性に触ったりキスしたりできるサービスタイム(ハッスルタイム)

 

が設けられている、という形態のお店です☆

 

 

お触りOKといっても、おっ○いはいいけど、下半身はNGです♪

 

もちろん本番行為もいけませんw

 

 

僕の個人的見解ですが、セクキャバのいいところを一つあげると

 

一番いいところは、素人っぽくてかわいい娘が多い、と言うことです♪

 

ソープやデリヘル等のように女性が全裸になって抜く事を目的としていないので

 

女の子にとっても風俗業界の入口としてハードルが低く、初心者が入りやす業態なのです☆

 

 

またソープやデリヘルのように個室でお客と二人きり、という事がなく

 

基本的にはキャバクラのようにフロアーでの接客となるため、

 

男性従業員の目が届きやすいので、女の子にとっては安心と言うのも

 

初心者の娘が最初の風俗として選択しやすいのもあると思います☆

 

ただ、メリットがあればデメリットもあります♪

 

それは「生殺し」だということですw

 

お酒を飲んで、素人っぽいかわいい娘とがっつりディープキスして

 

おっぱいをもんで、舐めて、もうすでにガマン汁がっつり出てるのに・・・

 

 

抜けない!!

 

 

抜いちゃいけない!!

 

 

たま~に

「俺はドコドコのセクキャバの誰々ちゃんに抜いてもらったぞ」

 

というセクキャバ武勇伝を語る人がいますが、基本的には抜き厳禁です☆

 

ですので、セクキャバ行って荒ぶった我が息子を鎮めるため

 

抜きに行ってしまうと、時間とお金がかなりかかってしまうのです

 

…..(;__)/| ずぅぅぅぅん

 

 

でもセクキャバ後の抜きさえ我慢できるのであれば、

 

抜き系風俗より若くてかわいい娘が多いので、

 

まだ未体験の方はぜひ挑戦してみてくださいw

 

 

っと、セクキャバについて熱く語りすぎてしまいましたが、ここから本題です♪

 

⇒全話のまとめはこちらです♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「妻を風俗嬢に」で検索すると読めます♪

 

あらすじ

大学を中退しクソニート満喫中の「宏樹」は、突然叔父から呼び出しを受けます☆

 

何かと思い行ってみると、最近叔父の妻

 

つまり「宏樹」の叔母「すみれ」が不倫しているかもしれないから

 

調査してほしい、と言うものでした☆彡

 

面倒くさがりながらも、「すみれ」の後をつける、「宏樹」

 

すると「すみれ」はある雑居ビルにあるお店に入っていきました☆彡

 

「宏樹」は普通のキャバクラかと思い、からかってやるつもりで、

 

「すみれ」を指名します♪

 

しかしキャバクラかと思っこのお店、実はセクキャバだったのです☆彡

 

指名され「宏樹」の前に現れた「すみれ」はムッチムチなバニーガール姿で

 

零れ落ちそうなほどの巨乳が何とも言えないエッチな雰囲気を漂わせています♪

 

そんな叔母のエッチな姿に「宏樹」は勃起しっぱなし♪

 

我慢できずに、おっぱいへと手を伸ばし、首筋に吸い付くと・・・♪

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「妻を風俗嬢に」で検索すると読めます♪

 

感想

いや~

やっぱり「水無月三日」先生の描く人妻は

何とも言えないエロさがありますね(*´ω`*)ほくほく

 

「宏樹」や「宏樹の叔父さん」、セクキャバの客の男など

 

男性キャラは何とも言えないキモさがあるの

 

女性キャラの美しさとエロさは抜群ですw

 

人妻熟女の妖艶さがしっかりと表現されており、すごくドキドキしてしまいます♪

 

つまり今回の「すみれ」もクッソエロいカラダをしていて、

 

次回の本格的エロシーンに期待せずにはいられない!

 

ということです☆

 

⇒全話のまとめはことら♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「妻を風俗嬢に」で検索すると読めます♪