色鬼ヶ島 ~乳鬼娘と子作り合戦!~

色鬼ヶ島 ~乳鬼娘と子作り合戦!~/堀石掘人 / もえまん 第1話 無料 試し読み 画像 ネタバレ

今回は、「堀石掘人 / もえまん」先生の

「色鬼ヶ島 ~乳鬼娘と子作り合戦!~」をご紹介します♪

 

「桃太郎」と言えば、日本人なら誰もが知っている、おとぎ話の代表格でしょう☆彡

 

その物語の発祥の地としては、桃の産地でもある岡山県ですが、

香川県や愛知県、山形県や福島県など、日本各地に伝承が残っています☆

 

伝承の地によって、細かい部分に違いはあれど、大筋としては

 

桃から生まれた桃太郎が、鬼を退治しに、鬼ヶ島へ出発

旅の途中、イヌ、サル、キジにきび団子を与えて仲間にする

鬼ヶ島で鬼を退治し、財宝を持って凱旋する

こんな内容が、みなさんが良く知っている「桃太郎」ではないでしょうか☆

 

しかし本作は、そんな誰もが知る「桃太郎」のおとぎ話に

それまでとは全く異なる見解を提示してくれていますw

 

今後、永く語り継がれる、伝承の一つとなる・・・かもしれません♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「色鬼ヶ島」で検索すると読めます♪

あらすじ

その昔

あるところに「鬼ヶ島」と呼ばれる島がありました☆

 

鬼ヶ島は、人間の村に現れては非道の限りを尽くし、

金銀財宝を奪っていく、鬼たちの巣窟でした☆彡

 

そんな鬼たちを退治するため、ある男の一行が「鬼ヶ島」に向かっています♪

 

その男とは・・・「桃太郎」です!(これがまたイケメン♪)

そしてお供には

 

元盗賊の「猿」

 

戦で名を馳せた「雉」(これまたイケメン!)

 

そして、旅の途中、後を付いてきただけの、ただのイヌである「犬」w

 

見事な三段オチであるw

 

桃太郎一行は、鬼ヶ島に到着☆彡

 

そこで目にしたものは、人間の住むような環境の建物と

人間の姿に限りなく近い、若い鬼娘たちの姿でした☆

 

その姿に戸惑うも、悪さをした鬼たちであることを確認した桃太郎一行は

ある共通の策を胸に戦います!

 

それは・・・不殺!!

 

殺すのではなく、懲らしめる、という方法でした☆

 

見事、鬼娘たちを無力化した桃太郎たち♪

 

そんな桃太郎たちの前に現れたのは、年老いた鬼女たちでした☆

 

鬼女たちは、誰も殺さなかった桃太郎一行に恩を感じ、

財宝を全て返すと約束し、食事を振る舞って、おもてなしをしてくれたのです♪

 

戸惑う桃太郎一行は、警戒しながらも、食事をし、お酒を飲みました♪

 

しかし、鬼のお酒は人間には強かったのか、

桃太郎たちは、知らぬ間に、眠ってしまったのです☆彡

 

しばらくして目が覚めた桃太郎

 

その桃太郎の周りには、三人の若い鬼娘たちが佇んでいました☆彡

 

そして、鬼娘たちは語り出します☆彡

 

百年ほど前から鬼に男が生まれなくなり、絶滅の道を辿っていること☆

 

絶滅を防ぐために、人間と交わり子を成してきたこと☆

 

だから自分たちは人間に近い姿をしていること☆

 

そんな鬼たちの状況に驚く桃太郎に鬼娘たちは

 

「お前の子種をくれ」

 

と迫ります♪

 

桃太郎は、そんな鬼たちの状況と、セクシーな鬼娘たちの色香に負け

 

鬼娘たちとの子作りを了承するのでした♪

 

カラダは子作りが出来る、エッチなカラダの鬼娘たちは

始めてみる男のモノに興味津々♪

 

ここから、桃太郎一行 vs 鬼娘たち による、夜の闘いが始まった!!w

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「色鬼ヶ島」で検索すると読めます♪

感想

鬼娘たちがとても可愛くてセクシーなのはもちろんですが

 

桃太郎と雉がイケメン過ぎて裏山けしからんですw

 

絵のキレイさは群を抜いているを思います♪

 

またストーリーも良く練られて入れ、

桃太郎一行 vs 鬼娘たちの夜のバトルまでの流れが自然に入ってきます☆彡

 

気の強そうな鬼娘たちの、初めてのエッチに対する興味津々っぷりや

初めての挿入に対する不安や興奮が丁寧に描かれていてgoodです!

 

そんな鬼たちの感じている表情、これがまた堪らん!w

 

桃太郎一行と鬼娘たちの夜のバトルは必見です♪

 

・・・ん?

 

ちょっと待てよ・・・

 

桃太郎と猿、雉は人間だったけど

 

犬はただの「イヌ」だったよな・・・

 

もしかしてこれ・・・獣○クルゥーーー!!??

 

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「色鬼ヶ島」で検索すると読めます♪