ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして/小桜クマネコ / チンジャオ娘 第1話 画像 ネタバレ 無料 

今回は「小桜クマネコ / チンジャオ娘」先生のエロ漫画の大人気作家コンビがお送りする

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」をご紹介します♪

 

う~む(-_-)ウーム

なんだかラノベのようなタイトルです☆

そして「ガリガリ」から「ムチムチ」へという所から、作品のふり幅を感じます♪

一体どのような作品なのでしょうか

 

さっそく作品の紹介文を読んでみると・・・(?´・ω・`)ナニナニ

物語の大筋としては、父親から長いあいだ監禁、虐待を受けていた少女が、必死に逃げ出した先で行き倒れ

偶然通りかかった男に助けられる

 

(・_・D フムフム

胸糞展開カナ?

 

と思ったのも束の間、さらに紹介文を読み進めると

なんやかんやで最終的にはハートフルストーリーだと書いてあります♪

 

Σ( ̄Д ̄;)なぬぅ

監禁、虐待からハートフルストーリーとは・・

作品のふり幅広すぎて首イタなるわ!!(後○風)

 

さすがは実力派のコンビが世に送り出す作品です♪

期待に胸が高鳴ったところで、第1話のあらすじを見てみましょう☆彡

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

あらすじ

物語の冒頭は、無表情の少女が横たわり、そばで誰かが怒鳴りつけているシーンから始まります。

大方の予想通り、少女が鬼畜親父から執拗な性的虐待を受けており、

その少女が無表情でただ横たわっている様子から、性的虐待が長い間行われてきたことを

容易に想像させます(-_-;)

酔っぱらった父親は少女の顔面を何度も殴りつけ、さらにはフ○ラまで要求するという鬼畜っぷりです

あ~胸糞悪い 

作品の紹介文を読んだあとに膨らんだ期待と股間が、この冒頭部分で一気にしぼんでいくのを感じます

(´・ω・`)ショボーン

 

しかし最初に述べた通り、この作品のタイトルにある「ガリガリ」から「ムチムチ」へという所と

紹介文にあった「虐待」から「ハートフルストーリー」へという所から

僕が勝手に見出した見どころは、「作品のふり幅」です☆彡

 

きっとこの胸糞展開によってしぼんでしまった期待と股間を、見事に復活させてくれるような展開が待っているハズです♪

 

そう心を奮い立たせてページをめくって行きましょう☆彡

 

そんな虐待、監禁された状態から、必死の思いで逃げ出した少女

そして出会った一人の男

その男は少女を保護して連れて帰り、温かい食事を与えます

しかしそんな男の優しさを、今まで自分が置かれていた環境が影響しているからか、少女は素直に受け取ることが出来ません

ようやく食事をたいらげた少女は、お礼として自らの体を差し出します(^^;

男は口では拒否しながらも、全く抵抗しようとはしません

 

この男、優しくていいヤツなのか?

結局、下心で助けたのか?

この段階ではよく分かりませんな(´・ω・`)

 

しかしこの後、この胸糞展開を乗り越え、どのようにしてハートフルストーリーになっていくのか?

 

楽しみは尽きませんが

続きは、ぜひ無料の試し読みで読んでみてください!

この作品は全9話で、すでに完結していますので、一気読みも可能です♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

感想

先ほどから何度も繰り返している通り、第1話のほとんどは僕としては胸糞展開でした(´;ω;`)

そして第1話では貴重な絡みのシーンも、虐待だったり、少女が無表情でただ作業としてこなしている感じですし

なにより少女の体がガリガリで見ていて痛々しいくらいにリアルです

まぁ、作品のタイトルにある通り「ガリガリ娘」が「ムチムチ美女」になっていくのだから

最初はガリガリなのは仕方がないのですが・・

 

それに何度も言うようですが、この作品の見どころは「大きなふり幅」です!

画像を見ても、ガリガリで無表情だった少女が、

ムチムチで感情のこもったセッ○スが出来るようになっていくのが分かります♪

その分期待も大きく、2話目以降、どのようなハートフルな展開となっていくのか☆彡

「ふり幅」の大きな展開に期待します!

 

この作品は全9話で、すでに完結していますので、一気読みも可能です♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用