S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常/ヨールキ・パールキ 第1話 無料 試し読み 画像 ネタバレ

今回は、「ヨールキ・パールキ」先生の

 

「S家に嫁いだM嬢の日常」をご紹介します♪

 

 

物事には、「相性」というモノが存在します♪

 

凹には凸☆彡

 

お好み焼きにはビール☆彡

 

右投げのピッチャーには左バッター☆彡

 

また、日本人が大好きな占いでも盛んに「相性」の善し悪しが占われています☆

 

価値観が似ている☆彡

 

好きな食べ物が一緒☆彡

 

金銭感覚が同じ☆彡

 

「相性」がいいモノ同士は、一緒にいるととてもラクだったり

 

気持ちが良かったりします☆

 

スミマセンm(__)m

 

回りくどい事を言いました(^^;

 

人間同士における「相性」の善し悪し

 

特に男女間における「相性」の善し悪しを最も感じるところは

 

性格が似ている!?

 

趣味があう!?

 

笑いのポイントが一緒!?

 

 

ヾノ ;-д-`)チャゥチャゥ…

 

 

受けなのか!?  攻めなのか!?

 

上がいいのか!?  下がいいのか!?

 

舐めるのが好きなのか!?  舐められるのが好きなのか!?

 

要するに

 

 

Sなのか!? Mなのか!?

 

 

これに尽きると思いますw

 

僕は、ゴッリゴリのドMを自認しておりますので

 

目隠しでもしながら、お尻ペンペンして欲しいですww

 

 

 

 

お 尻 を ペ ン ペ ン し て 欲  し い

 

⇒もっと詳しく知りたい方はコチラへどうぞ♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


 

『S家に嫁いだM嬢』 第1話 あらすじ

高台の林の中に佇む名家「サルバトール家」

 

代々医者や学者を輩出し、数々の功績を残してきました♪

 

そんなサルバトール家(S家)には、少し変わった風習がありました☆

 

十分に快楽を得られる体で身籠った子は、優秀に育つ

 

と言う、??なモノw

 

その為、快楽に対してカラダの開発を行う教育制度が用意されています??w

 

そんなS家に嫁いできた「メリー」

 

この物語は、メリーの日常を切り取ったお話です♪

 

 

テッテテーレッテー♪ テテテーレレーレレー♪(情○大陸)

 

(ナレーション 窪○等さん)

 

メリーの朝は早い

 

彼女は目を覚ますとすぐに入浴し、

 

お付きのメイドたちによって、カラダの隅々までキレイにされる

 

その後、身支度をされながら、メイド長から今日の予定を告げられた

 

そしてここから、S家特有の習慣が始まる

 

前夜の精子が残っていないか、メイドが指を挿入れてチェックをするのだ

 

毎日のメリーの快楽は、ここから始まる

 

その後朝食を済ませたメリーは、乗馬の練習に向かった

 

もちろん、普通の乗馬ではない

 

鞍には、S家当主のペ○スを模して造られた張形が装着されている

 

挿入して、腰と馬の動きを合わせる練習をする、というのだ

 

メリーは躊躇することなく、張形を自らのオ○ンコに挿入し恍惚の表情

 

それだけではない

 

さらに快楽を高めるため、お尻にも棒のようなモノを突っ込むのだ

 

馬が歩くたび、快楽がメリーのカラダを貫く

 

すぐに絶頂に達してしまったメリー

 

ここで見事なアヘ顔を、我々に披露してくれた

 

しかし馬は、そんなメリーをよそに、さらに走り続ける・・・w

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

⇒全7話のまとめはこちら♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


感想

タータータター♪ タータタタータター♪(エンディング)

 

今回の主人公であるメリーですが

 

 

喘 ぎ 声 し か あ げ て い な い

 

 

そうなんですw

 

メリーのセリフのほぼ全てが、卑猥な喘ぎ声なんですww

 

かつて第1話から、お話の間中、ずーっと喘ぎ声とアヘ顔を披露してくれた

 

ヒロインがいたでしょうか!?w

 

まさに、情○大陸で紹介するに相応しい

 

(ドM界の)第一線で活躍するメリーw

 

でも今回は、まだまだ始まったばかりの第1話♪

 

メリーのドM調教は、今後さらに激しさを増し増す☆彡

 

細身なのに、ムチッとした肉付きの良いお尻が堪らない☆

 

Sの人も、Mの人も、どちらでもない人も

 

ぜひ窪○さんの声で脳内再生してみてください☆彡

 

きっと楽しく読めるので、オススメです♪

 

⇒オススメまとめはこちらです♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽