同居中の姪っ子に挑発されたのでア●ル処女を奪ってみた

同居中の姪っ子に挑発されたのでア●ル処女を奪ってみた/悶々堂 第1話 無料 画像 ネタバレ 試し読み

今回は「悶々堂」先生作の

「同居中の姪っ子に挑発されたのでア○ル処女を奪ってみた」をご紹介します♪

 

「悶々堂」さんは、

祖母モノだったり、老齢母娘モノだったり、義理姉モノだったり

ちょいちょい問題作を投げかけてくれる、実力派作家さんです♪

 

本作は、叔父と姪との物語

しかもこの叔父さん、30代童貞という、我らが同士のような男でありながら、

初めてが処女のア○ルというツワモノです(笑)

 

逆に

処女なのにア○ルから開発されてしまう姪には、憐みすらも感じますw

 

さらに襲われてしまう姪は、どうやら大学生のようですが、どう見ても中○生か小○生にしか見えませんww

 

さらにさらにこの作品、30代以上の世代にはちょっと懐かしい

ときメモなんかの一昔前のエロいゲームをプレイしているような一人称の視点で物語は進行します☆

読み進めていうちに

何だか自分がゲームの中の姪とやり取りをしているような錯覚

に陥ってしまうかもしれません♪

 

怒涛のようなネタてんこ盛りのこの作品、楽しんでみてみましょう!

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「同居中の姪っ子」で検索すると読めます♪

 

あらすじ

30代で実家暮らしの童貞「史利」は、

学校に通いやすいから、と言う理由で同居している姉の娘である姪の「千里」

の叔父さんです♪

 

そしてこの大学生だが、どう見ても中○生か小○生にしか見えない「千里」

なぜだか「史利」には遠慮がないというか、小生意気というか☆彡

 

そんなある日、お風呂が沸いたと自室にこもって何やら励んでいる「史利」を呼びにきた「千里」

お先にどうぞ、と答える「史利」をよそに、勝手に扉を開けてしまいます(^^;

 

おいおい、叔父さんよ

年頃女子がいる家で励むなら鍵の一つもかけるのがマナーだぜ!

 

と突っ込む間もなくロリ顔「千里」から怒涛の罵りが始まります☆彡

 

これだけでイッてしまいそうな僕。。(;´Д`)

 

そして罵られ続けた「史利」は思わず

「そこまで言うなら、千里ちゃんが相手をしてくれよ!」

と口走ってしまいます☆彡

童貞の鑑ですね♪

 

そんな「史利」の一言に驚きながらも

「別にいいよ」

と答えてしまう「千里」

Σ(- -ノ)ノ マヂっすヵッ!?

 

そして襲いかかる「史利」だが、

「私も初めてだから・・」

と告げる「千里」にほんの少しだけ気が引けてしまいます☆

 

しかし「史利」はあるヒラメキと共に

迷わず中指をア○ルに挿入!!

童貞なのに、いきなりア○ルとは・・

かなりのフロンティアスピリッツの持ち主とお見受けします(笑)

 

そして最初は多少嫌がるも、程なく納得し

ア○ルで感じてきてしまう「千里」も相当なチャレンジャーです(笑)

 

そしてこのあと

童貞と処女は無事にア○ルで卒業、、、!?

を迎えることが出来るのか?(笑)

 

続きは、ぜひ無料の試し読みで読んでみてください!

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「同居中の姪っ子」で検索すると読めます♪

 

感想

童貞であるはずの「史利」ですが

相手が処女であることを確認するとわずア○ルを選択し実行する決断力と実行力

さらには

的確に中指を挿入し、気持ちいい所を探り当ててしまう技量には感服しました(笑)

 

そして処女であるはずの「千里」が

初めてのア○ルに驚きながらも、しっかりと受け入れて感じてしまう姿に

何とも言えない懐の深さを感じてしまいました(笑)

 

一昔前のエロゲーのような視点で進む展開も、

遠い昔、隠れてコソコソやっていたお気に入りのエロゲーを思い出させてくれて

懐かしい気分で賢者タイムを迎えることができ、思いのほかグッドです(笑)

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「同居中の姪っ子」で検索すると読めます♪