アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~

アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~/トヨ 第1話 無料 試し読み ネタバレ 画像

今回は、「トヨ」先生の

「アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~」をご紹介します♪

 

 

最近、「働き方改革」なる言葉をよく耳にします♪

 

あなたの職場はどうですか?

 

僕はいわゆるブラック企業と呼ばれる職場で働いていました☆

 

日夜関係なく掛けさせられる営業電話☆彡

 

ノルマ達成できていなければ、深夜残業に休日出勤当たりまえ☆彡

 

もちろん、その間はサービスで手当てなんか付きません☆彡

 

上司から、誰かが毎日のように

「給料泥棒! 役立たず! お前なんか生きてる価値ない!」

などの、暴言の数々を浴びせられます☆彡

 

精神的に病んでしまい、辞めてしまう人も続出していました♪

 

そんな毎日で、精神的にも身体的にもストレスが溜まり、疲弊していきます☆

 

そして、

そんな仕事のストレスを、日々エロマンガにぶつけていたワケですw

 

おかげで、精神的に病んでしまう、ということはありませんでした♪

 

身体的な疲労は・・・より体力消耗していたかもしれませんがww

 

 

さて、本作の舞台、銭湯での「アソコ洗い屋」なる仕事☆

 

ブラックなのか、ホワイトなのか・・・w

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「アソコ洗い屋」で検索すると読めます♪

 

あらすじ

「月島」は、恥ずかしいので、実家が銭湯を営んでいることを

学校では秘密にしていました♪

 

そんなある日

 

テレビの特集で、実家の銭湯が取り上げられ、

昔からの伝統的な仕事である「三助」が紹介されることに☆

 

テレビのインタビューで調子に乗って

「痩身効果がある!」と宣伝してしまう月島の祖父☆彡

 

そんな「痩身」と言う言葉に、敏感に反応してしまったのが

月島が密かに想いを寄せている「結月」でした♪

 

月島が自宅に帰ると、何と祖父がぎっくり腰になってしまい

「三助」の仕事を、孫の月島が代わってすることに☆

 

渋々ながらも祖父に強引に押し付けられた月島は、銭湯の番台に立ちます♪

 

そして、ついに女湯からお声が掛かった「三助」の仕事☆

 

ドキドキしながら女湯に向かうと、そこには結月率いる女子バレー部の面々がいます☆彡

 

月島は焦りますが、結月たちは「三助」が月島だとは気づいていません☆

 

そんな状況に気が大きくなった月島は、日頃の想いをぶつけるために

 

結月の背後に立ちます♪

 

まずは、背中を流し、その手は徐々に前へ移動☆彡

 

思わず感じてしまう結月も

「これはただの洗体」

と言い聞かせ、声が出てしまうのを我慢します♪

 

しかし月島の手が、丹念に結月のアソコを洗いはじめると

 

ガマンしていた声が漏れてしまい・・・♪

 

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「アソコ洗い屋」で検索すると読めます♪

感想

アソコ洗い屋、クッソエロい♪

 

こりゃ、完全にホワイトですなw

 

ストーリー展開もまどろっこしくなく、サクサク読めて

 

エロが関係ないところでも、マンガとして普通に楽しめます♪

 

なのでその分、エッチなシーンでは、興奮度が高まりますw

 

カラダ中をまさぐられ、感じてしまっているのに

 

声を必死でガマンしている結月の表情がめちゃくちゃ愛しいww

 

・・・

 

ハッ!

 

いかんいかん!

 

こんなところで、

エロマンガの感想なんか書いてる場合じゃない!

 

急いで求人情報探さなきゃ!(使命感

 

ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「アソコ洗い屋」で検索すると読めます♪